記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーロキア、西ベクトルニア社会主義勢力支援声明

昨日未明にグーロキアがプラータン・ツイ版にて西ベクトルニアの社会主義勢力を支援する事を公表しました、ベクトルニア政府は最悪の事態が起きたとして国家準緊急事態宣言を発表しました。
現在、占領されたブラン北部からグーロキア所属と思われる戦車数台を確認し戦車はベクトルニア国境に向かって一直線に進んでいるとのことです。
国家防衛省は空軍に対してグーロキア所属の戦車が西ベクトルニアに入り次第領土侵犯と理由で撃破せよと命令を下しました。
(ツイッター@grokia から)
[首都パリセリーヌ、最終防衛拠点に]
ガムラン大統領は23:30から30分間行われた記者会見でグーロキアの社会主義勢力の支援を大変遺憾だと強く訴えた。
遺憾の意を表明すると共に首都を最終防衛拠点に指定した、首都の高層ビル屋上には対空砲が設置されるだろうとの事です、大統領は今回の事態を非常に重く受け止めており首都に被害が及んだ場合は辞任すると最後に言いこの記者会見を閉めた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。